インプラント相談室

インプラントについて

総入れ歯でお困りの方に(オールオン4〈All on 4〉)

ここ10年の間に、インプラントの普及は、目を見張るものがあります。インプラント治療はかなり懐疑的なものでした。しかし、40年前にブロネマルク博士がインプラントを開発し臨床に応用し、その経過が40年経った今でも問題なく機能していることから、現在の学生のカリキュラムでは、当然の治療手段として教育されています。(しかしながら、インプラント治療は、手術が伴うため、必ず口腔外科の知識と技術が必要ですが。)
 これほどインプラントが普及しても、65歳以上の日本人の約20%の方が、総入れ歯をされています。入れ歯では、日常生活で、かなりの不便を感じられていることでしょう。実際に、海外旅行する前に入れ歯ではなくインプラントを利用した固定式の歯を作って欲しいと来院される方がいらっしゃいます。


総入れ歯の方が、固定式の歯を入れるために片方のあごに通常なら8本から12本のインプラントの埋入が必要でした。しかし、ノーベルバイオケア(旧ブロネマルク社)の即時負荷のコンセプトをベースにリスボン(ポルトガル)のDr. Paulo Malo によって開発された無歯顎(総入れ歯)の「オールオン4〈All on 4〉」は、4本のインプラントを傾斜させて埋入することで固定式の歯を入れられるようになりました。そして、何よりすばらしいことは、術後数時間以内に、その固定式の歯を機能させることが可能なのです。つまり、その日のうちに、総入れ歯から固定式の歯で食事や会話を楽しめるのです。
総入れ歯から固定式の歯に希望される方が増えてきました。今までなら、手術後約3ヶ月から6ヶ月間、総入れ歯で我慢していただき、費用も4,5百万円かかっていましたが、この「オールオン4〈All on 4〉」の方法では、手術後すぐに固定式の歯が入り、費用も250万円前後となりました。


従来の義歯の利点

●経済的

インプラントで固定した義歯の利点

●生活の質の向上

・きれいな口元を実現

 インプラントを埋入すると、顎の骨の変形も少なく、顔が若々しく自然な外観を維持できます。
・発話の改善
 口ごもりや不明慮な発話、カチカチという音などの原因となる義歯の外れやずれがなくなります。
・人前に出ることが楽しくなる
 人と会うことに対して自信を持てるようになります。
・噛んで味わえるようになる。
 好きなものを食べられるようになります。しっかり噛むことにより、きちんと栄養が取れるようになります。従来型の義歯はお口の中で上あごを覆うので、味覚が損なわれます。
・快適さの向上
 義歯の緩みやずれがなく、歯ぐきの痛みがありません。
・自信の回復
 食事中や会話中に義歯が飛び出すことを心配する必要はなくなります。
・良質な歯
 衛生状態が保たれていれば、長期間にわたって良好に機能します。

 

直接面談での相談をご希望される方

■お電話でのお問合せ
インプラント相談直通ダイヤル 075-724-4182

075-724-4182 (よいはに)
【電話受付時間】
月~土:9:00~13:00/15:00~18:00 ※土曜日は9:00~13:00のみ

■メールでのお問合せ
当サイト内にあるご相談フォームにて必要事項をご記入の上、送信してください。折り返しお電話させて頂きます。

© Copyright いのうえまさとし歯科医院All Rights Reseved.