インプラント相談室

Case No.6 「All on 4(オールオンフォー)」とはどういった治療方法ですか?」

A

All-on-4とは、歯のない顎に対し4~6本のインプラントですべての歯を支える最新の治療法です。

その特徴として、

1.インプラントの本数を少なくできるため、
a.手術時間を短縮できる。
b.治療費を抑えることができる。

2.手術当日に噛める歯を入れることができる。

などが挙げられます。 この方法はポルトガルのDr.Paulo Maloにより考案され、クリニカマロでは世界中からこの治療を受けに患者さんが集まり、年間1,000例を超えるAll-on-4が行われていると聞きます。当サイトの相談員の井上 祐利は、リスボンのクリニカマロでAll-on-4の研修を受けております。
さらにいのうえまさとし歯科医院ではこの方法に独自の工夫を加え、ノーベルガイドを用い、抜歯→インプラント埋入→仮歯までをたった1日で行うことが可能です。
またノーベルガイドを用いた手術では歯ぐきの切開を行わないので、術後の出血、痛み、腫れがほとんどありません。

傾斜埋入

ご相談者 : A.Iさん (主婦/50歳 奈良県橿原市)
相談員 : 井上 祐利 (インプラント専門医・京都市左京区 : いのうえまさとし歯科医院院長)

直接面談での相談をご希望される方

■お電話でのお問合せ
インプラント相談直通ダイヤル 075-724-4182

075-724-4182 (よいはに)
【電話受付時間】
月~土:9:00~13:00/15:00~18:00 ※土曜日は9:00~13:00のみ

■メールでのお問合せ
当サイト内にあるご相談フォームにて必要事項をご記入の上、送信してください。折り返しお電話させて頂きます。

© Copyright いのうえまさとし歯科医院All Rights Reseved.